まつとおみのスローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS ミツバチ君のその後!

<<   作成日時 : 2016/11/06 13:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ニホンミツバチが初めてやってきてくれて、巣箱に入ってくれたこと。
そればかりかもうひとつの群れもやってきてくれて巣箱2つでハチ君との暮らしが始まったことは以前、「ついに!蜂君がやってきた〜♪」の記事で書きました。
ミツバツ君のその後のお話です。

画像

3段の巣箱から始まったのが、順調にハチ君達がせっせと働き手狭になった(?)様子だったので、1段増やして4段の巣箱になりました。
「今シーズン、蜂蜜とれるかな?
「でも、もし蜂蜜が少なくてハチ君達冬越しできないと困るから、今回は見送って、来シーズンからの方がいいかもね
な〜んて、楽しく語り合うまつとおみでした。

画像

こうして平和な日々が続いて、季節は春、夏と過ぎていきました。
そんなある秋の日のこと。

とうとう恐れていた事件が起きてしまいました。
10月になってすぐのこと。なんと、スズメバチがとうとうやってきてしまったのです

画像

はじめは1匹。ミツバチくんの巣箱の周りをブーンブーンと凄みのある低い羽音を立てながら、狙っている様子
まつがなんとか網で捕まえて退治〜。

ホッとしたのも束の間。次の日には2〜3匹のスズメバチが巣箱の周りで狙っています
まつが1匹を捕まえ、棒でたたき始めると仲間を助けようと他のが襲ってきてまつのおでこにぶつかってきました。
まつとおみ、一目散に逃げました幸いにも刺されることなく無事でした〜。
怖いのでもうあまり近寄りませんでしたが、スズメバチはだんだん増えて8匹位がブーンブーンと巣箱の周りを飛んでいました

画像

その次の日はとうとう巣箱の出入り口がかじられていました出入り口を破られてもし、スズメバチに中に入られたら、一巻の終わりです

画像

最初、アルミで補強したけど、見た目が美しくないので堅い木を取り付けました。
30分位観察していると、餌食になったミツバチは1匹。運悪く着地したところがスズメバチの真ん前。一撃で真っ二つにされてしまいました
スズメバチは自分では食べずに巣で待っている幼虫に与えるために飛んでいきます。向こうも子育て中で命を繋ぐため必死なのでしょう・・・。
観察していると、スズメバチは体が大きいので小回りがきかず、意外と動きが遅い。
対して、ミツバチは体が小さくて素早く、器用にスズメバチをかわしながら巣箱を出入りしていました。
これなら巣の出入り口さえ破られなければ何とかなる・・・

画像

そして、スズメバチが巣箱に自分の臭いをつけて仲間に知らせているみたいなんだけど、スズメバチがいなくなるとミツバチが出てきてせっせと何か仕事をしている様子。スズメバチの臭いを消して自分達の臭いをつけているようなのです
こうしてスズメバチとニホンミツバチの攻防はつづきました。
日本ではスズメバチとミツバチの間で何万年の永きにわたって、こうした営みが繰り返されてきたんだろうなぁ・・・。

画像

最初にスズメバチが来て4日目のこと。
二つの巣箱のうち片方が15匹以上のスズメバチの猛攻撃を受けました

画像

巣の中に留まっていれば何とかなるから!と祈るような気持ちで見ていると!

画像

攻撃に耐えかねたのか、パニックを起こしたのかミツバチが雪崩のように後から後から止め処なく出てきてしまいもうどうにもなりません。女王様が巣を捨てる決断を下したのでしょうか?
上空は何万匹ものミツバチと数十匹のスズメバチで騒然となりました
この騒ぎで一瞬にして数十匹のミツバチが餌食になってしまいました
数分するとあの騒ぎはまるで嘘のように辺りはしーんとしていました。
空っぽになった巣箱はなんだかもの悲しい・・・。

画像

これは巣を捨てて逃げたニホンミツバチの巣箱。
2週間ほど待ってみましたが、戻ってこないと判断し巣箱を引きあげ中の様子を確認してみました。
一番上の段、ふたをとった所で切ってみると・・・きれいに巣は作ってあるけど、蜜は入っていませんでした。
なぜかはわかりません。巣を捨てる時に働き蜂はお腹に蜜をいっぱい溜めて出ていくというから、それでなのか?
はたまた別の理由なのか・・・?

もうひとつの残った巣箱の方は相変わらずスズメバチとニホンミツバチの攻防が続いていました
まつは単独のスズメバチを見つけると、網で退治しましたが、不意に仲間が飛んできてカチカチカチカチと威嚇音を出して襲われないとも限らないので・・・。

画像

おみも援護射撃とばかりに巣箱のそばにトラップを仕掛けました。
砂糖とお酢を混ぜたものをペットボトルに入れて臭いでおびき寄せるという作戦。

画像

半信半疑で仕掛けた所、その4日後からあれよあれよと面白いようにスズメバチがトラップにかかり、終わってみれば合計33匹という大成果。
臭いに誘われて入ったもの。それを助けようと入っていくもの。同時に3匹位入っていくのも見ました。スズメバチも群れで暮らす生き物だから仲間を助けようとするみたい。この仕掛けにはビックリです。

画像

ただ、入口が少し大きすぎたのか1回入っても脱出に成功しているものもだいぶ見たので今後、改良の余地がありそうです。

画像

約20日間の攻防が終わり、ぱったりとスズメバチの姿を見なくなりました
今は日本ミツバチ君達が平和な日常を取り戻しているようです
無事に冬越ししてくれることを祈るばかりです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミツバチ君のその後! まつとおみのスローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる