テーマ:料理

製粉機、初稼働~!

とうとう汗水たらして玄小麦にまでした小麦を粉にする方法、決めました。 うちにとってはかなりの出費でしたが思い切って製粉機を購入。 だって、せっかく小麦を作ったのに粉に出来ず小麦粉を買うなんてシャクじゃありませんか 3月中旬、めでたく初稼働~! 玄小麦が 晴れて全粒分に~{…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マコモダケ、初めて食べました♪

マコモダケをいただいて、人生で初めて食べました。 まずはシンプルに焼いて、醤油で。 トウモロコシのようなキノコのような不思議な味と食感で、美味しい この食材自体があまり主張をしないので、どんな料理にも合いそうな予感 別の日には炒めたりラーメンの具…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薪ストーブっていいな♪

ここ数日、ウグイスがさえずり始めました・・・とは言ってもまた寒波が長く居座るような予報も・・・。 まだまだ薪ストーブの活躍する季節です。 今日は昼食時にストーブがちょうど良い熾き加減になっていました。 何にちょうど良いかって・・・魚を焼くのにです
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まつ、バケット焼きに初挑戦!!奮闘の巻~

まつがバケット作りに初挑戦しました。 国産のこだわり小麦粉をこねて、生地作りも順調に。 生地を発酵させている間に窯の火入れです。 忙しく動き回るまつ。エライなぁ~。 この日の気温は結構高くてしばらくすると生地が発酵して膨らみました。 バケットの形に成形して、2次発酵も順調。 3か所入れた切り込み=クープもなかなか…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

おみの料理

料理は得意じゃない・・・というか、どちらかというと苦手意識の強いおみ。 でも、料理は嫌いじゃない・・・ということに最近気付いた。やはり食い意地が影響しているのだろうか・・・ せっかくだから、作ったものを少し記録しておこう。 白菜とベーコンとカニかま炒め 黒米&五分づき米&白米ののり巻。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

切干大根への道

寒いです。とにかく寒いです。この寒さのおかげで唯一家の畑で採れる大根が、葉っぱは霜でしおれ、地上に出ている胴体は凍って皮がぺろぺろむけてきています。このままでは危ない!ダメになる前に切干大根にすることにしました。 短冊に切ってざるで天日に干します。  この前に切干大根をつくったのは去年の5月過ぎ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

手作りチャーシュー&シナチクで!!

まつが手作りのチャーシューとシナチクを作りました。 チャーシューを作るのにコトコト煮る時、一緒にゆで卵を入れると味玉も出来ちゃいます。この味玉もしっかり味が滲みこんでいて、絶品。 煮汁はシナチクを調味するのにも使います。 ちなみに筍は春に掘って、下ゆでして切って塩づけして干して保存しておいたものを水につけて戻して塩出ししてから…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ほっかほかのあんまん・ゆずまん

底冷えの続く毎日。 「ほかほかあったかいもの、食べた~い」てなわけで、あんまんを作りました。 そもそも「前にまとめて作ったあんこをそろそろ消費しないと」・・・という理由が大のあんまん作り。 もともとがちょっとばかり残っていたあんこだったので、結局生地があまってしまいました。 そこで、残りの生地にはmoon child特製…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ばくだんまんじゅう

こちら、ばくだんまんじゅう(おみ作)です。 皮は黒糖蒸しパンのイメージで甘さ控えめ、自家製あんこがトッピング。 本当はあんこは中に入れるつもりだったのですが、蒸しあげたら勢いよく膨らんで、中にいれたはずのあんこがトッピングしたようになったのです。でも、見た目がなかなか面白かったので、「ばくだんまんじゅう」と命名。 昨日のお山の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

自然薯(じねんじょ)ライスと根っこのケーキ

去年アップできなかった話題のつづき。 秋の味覚の楽しみのひとつ。それは自然薯。 自然薯は市販の山芋より粘りが強くて、すり下ろすとダマが出来やすいんです。最初、すり鉢でおろしただけだとダマだらけ。まつがすり鉢とすりこぎでひたすら修行僧のようにゴリゴリゴリゴリ・・・・。まつの加える出汁と水のバランスがまた絶妙。30分程経った頃かゴリ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

杵つきもちのお雑煮

年末はうちの毎年の風物詩となっているもちつきをしました。 今年のおもちはもち米の蒸し加減が申し分なかったせいか、つく前の念入りな潰し作業の成果なのか、毎年ついて経験を積んだからなのか、最高のつきあがりでした つきたてのおもちを①うちの畑の大根おろしでからみもち②熊家の絶品黒豆きなこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マフィン

ある日のこと、おみが珍しく、ご飯を作りました。(まつが外出のため) 一人分だし、何にしよう~・・・で、こんなブランチになりました。 美味しそうなマフィンのバンズをFお姉さまから頂いて冷凍保存していたのを思い出し、作ってみました。 中身は自家製ベーコンを使ったベーコンエッグとキュウリの塩漬け。辛子をちょいと付け、ケチャップをたっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋の恵みごはん

秋の恵みがいっぱいつまったご飯を焚いてみました。 うちには炊飯器が無いので、もちろんお釜を使って薪で炊いたご飯です。 紅葉の季節、秋の味覚を思い切り楽しみたい~~~。 てなわけで、「これ、絶対美味いでしょ」とまつが考案。 栗・銀杏・むかごを具に入れてみました。 栗は…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

栗ご飯、奥能登「揚げ浜塩」で焚いてみました!

食欲の秋ですね。 今年は量は少なめですが、栗が収穫期を迎えたので、早速栗ご飯を焚いてみました。 まつが外出していたので、栗ご飯はおみが作りました。 まつが帰ってくるまでに栗の皮を剝いて、ご飯炊いて、間に合うかなぁ 特に味付け、大丈夫~{…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

まな板の上の鯉?!

あの小川に普段いるはずのない鯉が数匹泳いでいて、みんなでびっくりしていた・・・。 前回のブログ記事の続きです。 稲刈りの翌日、その鯉のうちの1匹がうちに持ち込まれることになろうとは 「鯉を食べる?食べるなら半分に分けるから、捌いてもらえるかな?」 と相談にやってきたご近所熊家。 「鯉か・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いのしし料理いろいろ

じゃかじゃかじゃ~ん!!まつの作った猪料理を紹介します。 猪肉のから揚げエスニック風   うちのナスと獅子唐を添えて・・・。めちゃうま!ビールのつまみに最高です。 猪肉の生姜焼き   豚肉と比べると少し噛みごたえがあり、肉そのものの味が濃くてとてもおいしい。 これは唯一おみ担当。とんかつならぬイノカツ。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「パン・ド・ナル」の石窯パンと畑の恵み

これは昨日のブランチで~す。 事の発端はというと・・・ うちの畑できゅうりとなすが取れ始めているのです そして先日、前から気になっていたパン屋「パン・ド・ナル」に行ってきました。その時に一度に食べきれない量のパンを買って、冷凍保存してある・・・ということは・・・。「こり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の味を満喫!

今晩の春の宴の主役は牡丹鍋(猪鍋)でした~ その訳は地区の長老さんからのうれしい差し入れ とても新鮮なイノシシ肉で、全く臭みがありませんでした 庭でつんだカンゾウの若葉を、ホタルイカと合わせて酢味噌和えに…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

薪ストーブで焼き鳥!極旨!

春がそこまできているのに、今日は冬に逆戻りしたような寒さです~。 日中はストーブの稼働率も下がってきていたのですが、今日はあまりの寒さにどんどん薪をくべています。 そして、思い出したのがこの話題・・・。 ずいぶん寝かせてしまっていた写真がありました~。 新薪ストーブになってから初の「焼き鳥」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲炉裏できのこ鍋&焼きおにぎり

うちには囲炉裏があります。 もともとはコタツ用に使っていたものらしいのですが、まつが移り住んできた当初に手直し、作り直ししたんだそうです。 天井は空いていないので、もっぱら炭用です。薪ストーブを炊くほどは寒くない時など、ちょこっと暖まるのに使ったり、ちょっとしたお料理作りに重宝したりして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねぎ坊主の酢味噌和え

畑のネギが葱坊主になってしまいました。(5月の出来事でした) うちはネギの消費が多いので、食べごろを楽しみにしていたのですが、なんだかんだで忙しくしているうちに、それほどたくさん収穫する前に塔が立ってしまった~。あらら~と思っていたところ、ご近所の「おかん」さんが、いいことを教えてくれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そらまめ

「そらまめ持ってきたよ~」ある日、昔からこちらに住んでいるご近所の方が、背負いカゴにいっぱいそらまめを持って来てくれましたおみがあわててザルを取りに行き、分けていただこうとすると、「全部だよ、これ全部」 なんと山のようなそらまめをドッサリとくださったのです 毎日、ビールのおつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more