祝!!ぎんちゃん、17才♪♪

愛犬ぎんが本日、17才の誕生日を迎えました 中型犬なので、17才=人間で98才という計算法もあるみたいで、押しも押されもせぬ高齢犬です 去年の3月に突発性前庭疾患で倒れたものの、リハビリを経て元気に走れるまでに快復しています 今までに無かったような老化…
コメント:0

続きを読むread more

初めての炭火焙煎コーヒー!

ある日モザイク仲間からコーヒーの生豆をもらいました。生豆なので自分で焙煎しなさいと云うことですがその知識も経験もありません。 以前から興味はあったのでまあ、なんとかなるっぺ、ということでトライすることにしました。 道具も何もないのでまずは道具作りから。使わないステンの波板や金網を切り刻んでこんなものが出来上がりました。 …
コメント:0

続きを読むread more

お抹茶を点ててみた

お祝いでいただいた茶筅。いつかしかるべき時に使ってみたいと思っているうちになんと十数年もの月日が経ってしまいました。 そしてついに使う時がやってきたのです 抹茶椀は独身時代に趣味で作ったもの。こちらも使うのが初めてです。 作法は全然知らないのですが、ただただ美味しい抹茶が飲めたらいいなぁ~と{%うっ…
コメント:0

続きを読むread more

究極のまっちゃんラーメン

お雑煮を食べないと年を越せないみたいな感じで、寒い時期にラーメンを作るのが定番になってます。 ストーブの上に大なべをのせてことことゆっくり煮込んでいきます。ほとんどほったらかし。 鍋に水をいれて、豚骨(げんこつ)鶏がら、煮干し、こんぶ、シイタケ、野菜くず、ニンニク、ショウガ、などをぶち込みます。 最も大事なのは長ネギ…
コメント:0

続きを読むread more

新年明けましておめでとうございます

令和3年あけましておめでとうございます!・・・といっても早くも2月に突入してしまいました。 旧暦で言えばもうすぐお正月ということで 犬のぎんちゃんも高齢のスーパーじいちゃん犬になっているので、皆でそろって神社にお参りできることに感謝 御神木にパワーをいた…
コメント:0

続きを読むread more

ガーデンシェッド(西洋風物置小屋)の制作

アトリエまつ 松下敬、ガーデンシェッド作りのお仕事をしました。 大多喜の旧市街に今年OPENした西洋アンティーク(骨董)のお店、「アルビオン」が現場です。 本領発揮の石貼り作業。アトリエまつ 松下敬 大理石モザイク作家ならではのテイストで。 施主様がお持ちで「これをつけたい」というご要望があったので、窓の外側に…
コメント:0

続きを読むread more

玄関前アプローチ 慈慈の邸の踏み石制作その2

その1に引き続き、慈慈の邸の踏み石の記事その2です。 メインの大きな踊り場ができたので、次はそれより小さな飛び石を2つ作っていきます。 石の種類を変えて、表情を出していきます。 日差しがきついので作業条件はあまり良くありません。だから、制作箇所になるべく直射日光を当てないように日陰用のテ…
コメント:0

続きを読むread more

玄関前アプローチ 慈慈の邸の踏み石制作その1

連日酷暑の続いた今年の夏。9月に入って、1日だけ肌寒かったあとスコールのような激しい雨と蒸し暑さが続き、またもや酷暑。 過酷な状況の中でしたが、慈慈の邸の玄関前のアプローチの踏み石をアトリエまつ松下敬が制作しました。 制作の様子を2回に分けて記事にします。 過酷な暑さの中、コンクリ打ち。 熱中症になりそうにな…
コメント:0

続きを読むread more

ニホンミツバチ君が去ってしまった・・・

5月の初め~中頃に2群、終わりに1群と今年は合計で3つの群れが来てくれたニホンミツバチ君たち。 それが7月初めに「分家」と呼んでいた群れに異変が。梅の木に大きな蜂球になって巣箱を出てしまいました。その時はあわてて段ボールに入れて元の巣箱に戻し、しばらくの間はハチ君たち落ち着いて通常モードに戻ってお仕事をしていたのですが、結局1週間…
コメント:0

続きを読むread more

大理石床モザイク 「アンティーク アルビオン」

ブログの投稿がすっかり滞ってしまっていましたが、これから年末に向うので今年の話題を振り返って急ピッチでアップしようと思います。 2月の下旬から3月の初旬の大理石床モザイクのお仕事の様子。 「大多喜の旧市街に西洋アンティークのお店がOPENすることになったので」とお知り合いの方のご縁を通じて大理石床モザイクを[アトリエまつ 松下敬…
コメント:0

続きを読むread more

大多喜の名店「珈琲抱/HUG」さんが10周年を迎えます!

来る2020年9月9日、大多喜の名店「珈琲抱/HUG」さんが10周年を迎えます! 10周年の記念に何かモザイクの作品を・・・というご要望をいただき、色々とご相談してスペシャルサイズの体験作品としてオーナー様ご自身で作品制作に挑戦していただくことになりました こちらが完成作品ですが、とっても素敵な作品が…
コメント:0

続きを読むread more

フクロウ用の巣箱にオシドリが!!

2020年2月14日にまつが設置したフクロウ用の巣箱。 春になって4月頃、何やらゴトゴト頻繁に音がするようになりました。 カラスが中を覗いていたのは目にして、「なんだ・・・カラスか・・・」とその後はあまり気に留めていなかったのです。 でも、あまりにもゴトゴト音がするので気になりだして遠くから見ていたら…
コメント:0

続きを読むread more

6月のお山の自然

お山の散歩道で見慣れない花を見つけました。 後で図鑑で調べたら「ハナミョウガ」でした。 なるほど、花が綺麗で目立つからこの名前なのかなと思いました。 白っぽい蝶を見つけました。飛ぶとすごく速くて目で追うのがやっと。 なんとか目で追いかけて留ってくれたのですが、羽を閉じた状態でなかなか…
コメント:0

続きを読むread more

ニホンミツバチ君がやってきた!

去年、一時は4箱入ってくれたニホンミツバチ君たち。 そのうち2箱は秋を待たずに少しずつ衰退していなくなり、残りの2箱はスズメバチの襲来にも耐え抜いて冬越ししてくれたのがなんと、3月には忽然と姿を消してハチ君たちのいない寂しい春を過ごしていました 4月29日に偵察のハチ君がやってきて、ふわふわと頼りなげに巣箱…
コメント:0

続きを読むread more

今年も新茶を作りました!

今年も新茶作りの季節がやってきました。 お茶の新芽を見ているだけでなんだか元気がでてくるおみです。 そして、そわそわ。いつお茶づくりをしようかな。新芽の育ち具合や天候など考えて、そわそわするのです。 数年前、初めて自分でお茶をつくってみて、新茶の本当の香りに感動 この季節外せない行事になりつつあ…
コメント:0

続きを読むread more

妖怪アマビエ

昔も今も人の願いはかわらないのだなぁ~。 太古の昔から数々の疫病に苦しめられながらもそれをいなしてきたであろう人間の歩み。 私たちのご先祖様たちが困難に直面した時に「救われたい」と願う人々の心から生み出されたであろう妖怪に今、思いを寄せる。 そんなわけで、妖怪アマビエを描いてみた。 江戸時代、弘化三年四月中旬と書かれているア…
コメント:0

続きを読むread more

この春は色々な花の開花が早い!

この春は花の開花がとっても早い! 4月2日にはすでにこんなに色々な花が咲いていました ローズマリー この色、とってもお洒落で大好き。 冒頭の写真にあるみたいに菜の花との色合わせが最高に素敵。 ボケ 赤やピンクのとっても愛らしい花。 ボケは不思議で年に何度も花を咲かせます。 …
コメント:0

続きを読むread more

桜の砂糖漬けを初めて作ってみた!

ここ数年はほぼ毎年、春になると桜の塩漬けを作っていました。少量だけど~。 桜の塩漬けは色々使い道があるけど、おみはおにぎりの塩むすびの塩として使うのがお気に入りです。 それで、お菓子を作るのに砂糖漬けもあったらいいな~と思いつつ数年が経過。 今年は思い立って、念願の砂糖漬けを作ってみました。 塩漬けの場合は漬けこみ作業の段階…
コメント:0

続きを読むread more

二人と一匹のお花見

2020年4月4日のお花見の様子です。 限界集落に暮らすまつとおみとぎん。 毎年恒例の二人と一匹のお花見 今年は桜の開花が早く、例年と比べて1週間ほど早く満開を迎えたようです。 山神様から子犬だったぎんちゃんをお預かりしてから早16年。 ぎんちゃんも立派な老犬になりました。 元気いっぱ…
コメント:2

続きを読むread more

春はやっぱりこれ♪

この春はコロナウイルス騒ぎで世界中大変なことになって、ともすれば気分も落ち気味・・・ けれどもお山の散歩道を歩けば足元には二輪草やすみれが愛らしい花を咲かせていたり、色々な種類の山桜がほんわりと淡い色で目を楽しませてくれたり、「本来は浮き浮きとする季節なんだだわ~
コメント:2

続きを読むread more