ニホンミツバチ君が去ってしまった・・・

IMG_5965.JPG
5月の初め~中頃に2群、終わりに1群と今年は合計で3つの群れが来てくれたニホンミツバチ君たち。
それが7月初めに「分家」と呼んでいた群れに異変が。梅の木に大きな蜂球になって巣箱を出てしまいました。その時はあわてて段ボールに入れて元の巣箱に戻し、しばらくの間はハチ君たち落ち着いて通常モードに戻ってお仕事をしていたのですが、結局1週間後にまた出て行ってしまいました。その時は「もうここにはいられない」と判断したハチ君たちの気持ちを尊重して「元気でね~」と送り出しました。

IMG_5970.JPG
次に8月の中旬すぎ、「本家」と呼んでいた群れにも異変が。やはり梅の木で蜂玉になり、1日のうち何回かは周辺で飛び廻るもののどこに行くわけでもなく1週間もその同じ場所に蜂玉になっていました。球が2つになっている時もあって不思議でした。
観察していると小さめのスズメバチの一種が頻繁にやってきてはニホンミツバチ君を襲っているのをみつけました。ハチ君たちは羽を震わせて威嚇していましたが、1匹また1匹と少しずつ数を減らしているようでした。
そしてとうとう8月下旬、ハチ君たちはどこかに旅立って行きました。

IMG_5974.JPG
出て行ってしまった巣箱に少量のハチミツが残っていたので、巣箱に置いてみたらハチ君たちがやってきて小さな体をポンプみたいにして蜜を吸いに来たのです。5日位蜜をお供えして、ハチ君たちの幸運を祈りました。

IMG_5980.JPG
蜜がなくなって、スカスカで軽くなった巣。
そうだ!これで蜜蝋を作ってみよう!

IMG_5981.JPG
湯泉で溶かして・・・

IMG_5984.JPG
蝋燭つくってみました。不器用なのはご愛嬌~ということで。
最後に残っていた「イチョウ」と呼んでいた群れもとうとういつの間にか群れが衰退してしまい、ついに9月の終わりにハチ君は全ていなくなってしまいました。
思い返してみると、6月の終わりに「分家」と「本家」で幼虫かさなぎ状態の白いハチ君たちが成虫になれずに大量に死んでしまっていたことがありました。ものすごい豪雨の影響だったのかもしれないなぁと。それで働き手が不足して群れが大きくなれず、食糧難になって衰退してしまったのかもしれません。自然は厳しいなぁ・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント